蛇の目の砂

昨日の大相撲秋場所〈朝青龍-豊ノ島戦〉は判定に朝青龍が不服のようだったですが、

どこのニュースも「横綱の足が蛇の目についた」という証言を載せていました。
   http://pathtraq.com/analytics?q=%E8%9B%87%E3%81%AE%E7%9B%AE

で、「蛇の目」っていえば、思いつくのが
          “ミシン”と“傘”と“寿司”

相撲の「蛇の目」って何でしたっけ?

以前は質問して終われば、あとで誰か(O君とかA君)が答えてくれたのですが、最近はコメントがあまりないので自分で調べました。


どうやら、相撲は昭和6年までは土俵の円が二重になった「二重土俵」で行われていたようで、その「二重土俵」が蛇の目の傘に描かれている「二重の円」にちなんで、「蛇の目」の名が付けられたようです。現在もその名残で土俵のことを「蛇の目」と呼ぶらしいです。
φ(.. ) メモメモ

そして「二重土俵」のころは円と円の間に砂が敷かれていて、それを「蛇の目の砂」と呼び、のちに内側の円が取り除かれ、砂は円の外に敷かれるようになったとのこと。
現在の「蛇の目の砂」は土俵の円の外側に沿って、約25センチの幅に敷かれていて、勝負が土俵際にもつれたときの、判定を明確にさせるため、取り組み前には必ずきれいに整えられているそうです。
   http://sumo.goo.ne.jp/ozumo_joho_kyoku/yomu/001/014.html





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。
応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・