夏休み(1)雑踏 (。・_・。ゞ 

昼間から慣れない人混みのなかを歩いていると、とくに夏休み中は大人も子供も交ざっているので、歩くリズムがなかなか定まりません。(。・_・。ゞ 

大人だけなら肩でヒョイヒョイよけて歩けばいいのですが、子供は肩ではよけられないので足を振ってよけることになります。
肩を振って、足を振って、肩を振って、足を振って、足を振って、足を振って・・・。視線は大人の方に行きがちなので、小さい子に気づくのが遅れると一瞬つまづきそうになって慌ててしまいます。(゚ロ゚ノ)

しかし混んでるところで手を振って歩いている人を追い越すのは難しいですね。縄跳びのなかに入るようにタイミングを見計らって追い越します。

今日は歩き疲れました・・・。



このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・
↑現在9位  ヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!

この記事へのコメント

よっちゃま
2009年08月10日 10:48
今日のテ-マは混んでいるパ-ティ-と置き換えてもその通りで…自分の事を棚に上げてですけれど…正しい動きを学習していない人が多く入り混じっているパ-ティ-では、こちらが避け方を知らない事もあり・危険で…最近では誘われても、そのてのパ-ティ-は敬遠する事にしています。
akira-s
2009年08月11日 00:01
ーよっちゃまさんへー
そうですね、競技会におきかえるなら、私がD級の頃、自分の持ちクラスの試合より、選手権の方がとても気持ちよく踊れました。
まわりA級選手がスイスイ避けてくれて、自分のコースがドンドン開いていくから、すごく上手くなったような気分を味わえましたっけ。