あごのライン

タカコです。
現役だった頃、ロンドンで
ドーリン・フリーマン先生にレッスンを受けていて
坂本が「nice chin」を持っている、
と褒められたことがありました。
(注:10年以上前の話です。現在のあごとはちょっと違うかも・・・。)

・・・・人気ブログランキングへ応援して下さる方はポチッと押して!

ダンスを褒められたらすぐ喜ぶところですが、
「えっ、あご?」と2人共「???」状態。

ドーリン先生はフロアの周囲に飾ってある、
歴代ファイナリストの男性が踊っている写真を指して、
「ほら、どの男性も良いあごをしている。あごの形はとても大事よ。」
と、示してくれました。

確かに踊っているときは特にタンゴなどでは、
あごを出すくらいにしている場合が多いです。

ミルコや、ルカ、ラテンではカリーナなどもラインを作るとき、
下あごでバランスを取っているように見えます。

自分が教えていても、よく感じることですが、
姿勢を良くしようとして
あごを引いてしまう方がとても多いようですね。

また、女性もネックを伸ばそうとすると
あごを引きがちです。

もちろん必要以上にあごを出す必要は無いのですが、
お腹を引き上げたときにあごの下にスペースを作るようにすると
立ち姿が立体的になりますので、是非意識してほしいですね。








このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。
応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・
↑現在11位(ダンス・バレエ部門) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。
応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・