エクステンディッド・リバース・ウェーブ

今晩は久しぶりに月がしっかり見えています。
さて、今日のバリエーションクラスはスロー・フォックストロットのAでフォー・フェザーからエクステンディッド・リバース・ウェーブ、バック・ウィスクを練習しました。
エクステンディッド・リバース・ウェーブについて、以前このブログに書いたことを修正を加えつつ、後半に載せておきます。

・・・人気ブログランキングへ応援して下さる方はポチッと押して!

●久しぶりの月
夕方、大塚駅上空は黒い雲で覆われていました。
ヽ(´□`。)ノ・
画像






















仕方が無いので反対方向の夕焼けを( -_[◎]oパチリ
画像






















そうこうしているうちに雲が消えて月が!
画像

















画像





















画像




















●エクステンディッド・リバース・ウェーブ
以下は2011年11月10日のブログに書いたことを参考にした書き直しです。


最近(?)よく見かけるようになったダンス用語に“エクステンディッド”というのがあります。
これ自体はステップの名前ではないのですが、ステップ名の前につけると大変便利です。
ヾ(´▽`)ノうっひょい

φ(.. ) メモメモ
“エクステンディッド(Extended)”
伸ばした、拡張した、延長したの意味。
「ダンスにおいてはある特定フィガーの一部を引き伸ばしたり、繰り返したりしてオリジナルのフィガーを引き伸ばして長く表現することをいう。」

この“エクステンディッド”を使うと便利なステップで代表的なのはスロー・フォックストロットの“エクステンディッド・ウィーブ”でしょうか。

広い会場でウィーブを使うときとかにQカウントが6歩の部分を8歩か10歩にして使ったりしましたが、 自分で使っている場合には問題ないのですが、これを人に説明したり、配布物に原稿を書くときなどに説明がしづらかったのです。

しかし、“エクステンディッド”というダンス用語があれば簡単に記述できますね。(゚▽゚*)スゴイ♪

これを以前、団体レッスンのバリエーションコースで使わせてもらいました。

「コンティニュアス・ホバー・クロス・トゥ・エクステンディッド・ウィーブ・エンディング」
だらだら日本語で説明をつけるより簡潔です。(゚ー^d)グッ!


エクステンディッドという言葉を使うと便利なステップとして もう一つあげれば、“エクステンディッド・リバース・ウェーブ”でしょうか。

これも今までは「リバース・ウェーブの6歩からバック・フェザー、そしてリバースウェーブの4~6歩」と説明してきましたが、“エクステンデッド・リバース・ウェーブ”と簡単に記述できます。(´∀`*)b

ところで“Extended”を本によっては“エクステンデッド”だったり“エクステンディッド”と書かれています。
私はどちらを選ぼうかな・・・。く( ´ ⌒ `)ゞ
とりあえず今回は“エクステンディッド”の方を使いました。







このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。
応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・
↑現在12位(ダンス・バレエ部門) 


JR山手線大塚駅北口徒歩3分坂本ダンススクール

坂本ダンススクールのホームページ


初心者応援キャンペーン継続中!



坂本ダンススクール

Facebookページも宣伝

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

このブログは“人気ブログランキング”に参加中です。
応援をしていただける方は
人気ブログランキングへ1日1回押して!(´▽`;)お願い・・・